ウェビナー『沖縄DX戦略―with/afterコロナのビッグデータ利活用―』2月26日開催

ZOOMによるオンラインシンポジウムを開催します。(告知チラシ)

内閣府沖縄総合事務局
令和2年度 地域経済活性化対策調査 「沖縄における空間情報利活用推進調査」事業 セミナー/ワークショップ 
『沖縄DX戦略―with/afterコロナのビッグデータ利活用―』

<趣旨>
沖縄の産業を牽引してきた観光産業は、世界的なコロナウイルス拡散等の不測の事態において、深刻な打撃を受けました。
沖縄経済の冷え込みは観光産業に依存した経済基盤の弱さを露呈しています。県内のデータ利活用は、新型コロナウィルス拡散により深刻な打撃を受けた県経済をV字回復させる切り札です。
このワークショップは、ビッグデータを活用する為の公正なデータシェアリング(データ模合)創造の為に、専門家との議論を通じて、沖縄に適した運用のあり方を検討します。

主催:沖縄総合事務局 後援:沖縄地理システム協議会

<日時>
令和2年2月26日(金)10:00‐12:00

<配信方法>
ZOOMによるウェビナー形式の配信となります。参加には事前申請が必要です。

<参加について>
参加申込登録を下記URLにて行ってください。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_b1SnzqxHSvieRrE6ypGjgA
※登録締め切り2月25日※締切日に関わらず先着100名様で登録を終了いたします。お早めにご登録お願いいたします。

<イベントタイムテーブル>
10:00-10:05 
ご挨拶 
内閣府沖縄総合事務局 経済産業部 地域経済課 課長 大田 定 

10:05-10:30
講演①
地域経済活性化対策調査 「沖縄における空間情報利活用推進調査」事業
調査レポート報告 
沖縄GIS協議会 理事/OTSサ―ビス経営研究所 副社長 山田真久

10:30-11:00
講演②
「NTTが考える観光AIプラットフォームのグランドデザイン」
日本電信電話株式会社(NTT) 新ビジネス推進室 スマートシティ担当部長 梶川 修一
NTTコミュニケーションズ株式会社 西日本営業本部 アーバンPT担当課長 杉山 知之

11:00-12:00 
パネルディスカッション&ワークショップパネルディスカッション(11:00-12:40)
「ビッグデータ時代に必要な地域活性化戦略とあり方」

司会:
 山田 真久
パネラー:
 株式会社 SIGNATE 代表取締役社長 斎藤 秀 
 ナレッジネットワーク株式会社 代表取締役社長 森戸 裕一 
  NTTコミュニケーションズ株式会社 九州支店長 田畑 好崇
 ISCO/フェロー 株式会社うむさんラボ/執行役員 常盤木 龍治

※敬称略
※講演順序や時間について予告なく変更する場合がございます。ご了承ください。                                  以上