『先進的沖縄ResorTechデータ分析人材育成プログラム』受講生募集のご案内

沖縄の持続可能な地域活性化・観光産業活性化を牽引する為に、「空間的な位置情報を付与した沖縄の自然・社会・経済・文化の属性データ(空間情報)」を利用し、マーケティング分野において先進的AI/IoT技術を活用して、エビデンスに基づく意思決定や戦略を立てる能力を持つ、沖縄型IT産業の中核人材を育成します。
令和元年7月より開講 

申請書及び詳細はこちらのPDFをダウンロードしてくださいR2講座案内_申込パンフ

目 的

沖縄ResorTechデータ分析人材は、多種多様なデータを基に「付加価値の高いサービス」を創造する人材です。

AIシステムの導入において必要なスキルを明確化すると、人材育成はビジネス力、データサイエンス力、データエンジニアリング力の3つのスキル習得に集約されます。
30年度、令和元年「沖縄型産業中核人材育成事業」において、沖縄GIS協議会は、会員企業及び日本旅行業協会(JATA)沖縄支部会員企業のシステムエンジニアを対象として地理情報・観光データを活用する「データサイエンス力」を身につけたエンジニアを育成しました。
当事業では、AI・IoTを活用した「最適化」を図る設計技術の習得し、エビデンスに基づく意思決定や戦略を立てる能力を持つ中核人材である「沖縄ResorTechデータ分析人材」を育成します。

目標とゴール

当カリキュラムでは、アイデアソン・ハッカソン形式で受講者自身の知見や視点をもって課題抽出と提案を行い、提示されたレンタカーの移動データをコアに連携するデータを取得して分析、解析と具体的なアプリケーションやレポートとして成果物を提出するPBL学習(プロジェクトベーストレーニング:課題解決型)を実践します。
 
 
 
 
得られるスキル
  •  問題点や課題(業務ニーズ)を見出し、具体的な方策を設計できる
  •  ビッグデータに関する知識やデータの扱いを理解する
  • データの種類や解析手法に関する知識と技術を有し、目的に応じたデータを組み合わせて利用することができる
  • 回帰・分類手法の実践、データサイエンスを具体的な手法を使って実践することができる
  • 分析から仮説を出し、シミュレーションから具体的な提案を行うことができる
 
 

受講詳細

当カリキュラムはE-ラーニングのオンラインカリキュラム及び、集合学習から構成されます。

受講生は、修了条件を満たした場合にのみ、内閣府特命担当大臣より修了証が授与されます。

<受講期間> 令和元年7月~令和2年2月

<受講条件> ※詳細・質問ございましたら事務局までお問い合わせください。

  • 募集人数:20名 
  • 研修方式:ZOOM等を使った座学と ワークショップ及びE-learning (各自 PC のご準備をお願いします)。
  • 参加費用:無料
  • 応募期限 令和 2 年 7 月7日(火)23:59
  • 前年度受講修了された方を対象としておりますが、同党の知識と技量のある方も対象としており、新規に受講希望をされる方は申込以外にスキルチェックのための試験課題を講座前にパスしていただきます。
  • 申請は企業単位で行っており、指定した業界団体所属の企業、学校からでなくてはいけません

<募集要件> 

  • 講座はほとんどの場合、ZOOMやMicrosoft Teamsなどのビデオ会議システムを利用したリモート環境で受講いただきます。また案内等でFacebook等を利用いたします。受講生が社内等で視聴することに制限の無いようご配慮お願いいたします。ライブのオンライン受講中他業務を優先させることの無いようにお願いいたします。
  • 講座や学習については業務として取り扱うことを確認の上、受講希望者の上長の方が下記誓約書に押印し、申請下さい。
  • 昨年度開催した「地理空間ビッグデータ利活用『持続可能な観光開発』人材育成プログラム」修了者を対象にします。新規受講希望者は審査の上受講をご案内いたします。

お問い合わせ

特定非営利活動法人 沖縄地理情報システム協議会
内閣府 沖縄型産業中核人材育成事業 
先進的沖縄ResorTechデータ分析人材育成プログラム事務局

〒900-8602
 沖縄県那覇市松尾1-2-3 5F 
 (株)OTSサービス経営研究所 内
 Tel: 098-863-7528(代表)